今すぐ、どうしてもクレジットカードが必要な方はアコムマスターカード!詳細はこちら

審査で重要な項目「3C」

クレジットカード審査では、申込者の信用を判断しています。
信用の判断には、俗に「3C」と呼ばれる3つの基準があるのですが、ではこの「3C」とはどんなものなのでしょうか。

信用判断のための「資力」「性格」「資産」

クレジットカードを申し込んだときの審査では、次の3つのCが判断の基準になります。

Capacity(資力)……ショッピングやキャッシングの返済能力を見る項目です。一定の収入が継続してあるかどうかをチェックします。
Character(性格)……決められた返済日にきちんと返済がされるどうか、金銭に対する性格を見ます。
Capital(資産)……担保となる資産を見ます。現金(貯蓄)以外にも、家や土地などの不動産、有価証券、自動車などを所有しているかどうかがチェックされます。

この3つのCのスコアが共に高ければ、問題なく審査をパスして入会が認められ、クレジットカードが発行されます。

最も重視されるの「Capacity(資力)」

3つのCの中で最も重視されるのが「Capacity(資力)」です。
一定の収入が継続してあることが高評価の条件しになっており、会社員のほうが自営業者よりも審査に有利だといわれるのはこれが理由です。
確かに年収が同じ程度なら、会社員のほうが自営業者よりも審査に通りやすい傾向は実際にあります。勤続年数の長さも評価に関ってきます。
自営業では、市場景気の変化などで急に収入が増減するため、どうしてもリスクが高いと判断されてしまうのです。

Capital(資産)」では住居についてチェックされます。
自宅を所有していれば、もしも負債を負ってしまったときの担保になるので、賃貸で住宅やマンションを借りているよりも評価が高くなり、それだけ有利になります。

なぜ「性格」が審査対象になるのか

もう1つのC、「Character(性格)」がなぜ審査に必要なのでしょうか。

クレジットカードは、ショッピングでもキャッシングでも、利用すれば一定の期日に返済しなければなりません。その場で現金がいらないからといって、限度額いっぱいまで使って返済は考えないというような使い方をされてしまっては、先に利用額を立て替えているクレジットカード会社側が赤字になってしまいます。
カード会社はカード利用分をしっかり回収するために過去に滞納を繰り返したり破産した過去がある申込者は「事故情報がある」と判断して審査で振り分けるのです。

この判断のもとになる情報が過去のクレジットカードの利用状況、つまりクレジットヒストリーです。
過去の利用状況が信頼できるものであれば、この評価は高くなります。

クレジットカード審査について

クレジットカード審査について

審査に備える

クレジットカード

クレジットカードランク

バイト探し