今すぐ、どうしてもクレジットカードが必要な方はアコムマスターカード!詳細はこちら

審査が甘いクレジットカード

一般に、審査が甘いと言われているクレジットカードには、流通系、消費者金融系のカードがあります。
審査のないクレジットカードはありませんが、銀行口座の残額を限度額とするデビットカードなら無審査でカード発行ができます

比較的作りやすいクレジットカードの例

クレジットカードの与信審査基準は、カード会社によって違います。
銀行系のクレジットカードに申し込んだら与信審査で落ちてしまったという人でも、他のカードを申し込んだらすぐに作れたというケースがたくさんあります。
信用情報会社で記録されている情報は、どのカード会社にも同じ情報が提供されるのですが、それぞれのカード会社には独自の審査基準があり、それが結果を左右するのです。
審査基準が厳しいカード会社もあれば、そうでもないカード会社もあります。

審査が迅速なカードには、楽天カード、ライフカード、アコムマスターカード、ファミマTカードなどがあります。
流通系のカードや、メーカー、消費者金融、コンビニなどが信販会社と提携して発行しているカードは、他と比べて作りやすいカードのようです。

クレジットの実績で信用がアップ

上記のような加入しやすいカードを1枚作ってクレジット履歴を積んでいくと、信用度が上がっていくので、次の審査に有利になり、信販系や銀行系などの比較的審査が厳しいと言われるクレジットカードが作りやすくなるという利点もあります。
公共料金をクレジットカードで支払うだけでも実績がつくので、クレジット履歴が少ない人はぜひ試してみてください。
ただし、毎回、限度額いっぱいまで使うのは、あまり印象がよくないようです。
適度に使って確実に返済するようにするのが、カード会社にも喜ばれる、良い顧客といえますね。

無審査でカードが作れるデビットカードとは?

審査が甘いカード会社とは言っても、審査があること自体には変わりなく、申込者の状況次第ではカードが発行されないケースも当然あります。
多重債務や支払い延滞の経歴がある人などは、どのカード会社でも審査に通る可能性は非常に低いというのが現実です。
それでも確実に持つことのできるカードが、無審査で発行されるデビットカードです。

デビットカードは、後払いができるクレジットカードとは違い、今払い専用のカードです。
銀行口座に預けている金額の範囲内でのみ利用できるカードなので、信用審査が要らないのです。
このため、信用情報機関にブラックリストとして登録されている人でも持つことができるというわけです。
その代わり、預金額以上の買い物はできません。
クレジットカードは18歳以上でなければ作れませんが、デビットカードは銀行口座があれば、高校生でも持つことができるカードです。

クレジットカード審査について

クレジットカード審査について

審査に備える

クレジットカード

クレジットカードランク

バイト探し