今すぐ、どうしてもクレジットカードが必要な方はアコムマスターカード!詳細はこちら

クレジットカードの審査結果は各系ごとに違いがある

クレジットカードを発行している企業によって銀行系、信販系、消費者金融系・・・と分類されますが、審査基準もこの系統ごとに違いがあると言われています。
企業ごとにも基準があるため同系のカード会社なら全く同じというわけではありませんが、各系には
各社の判断方針と情報管理、加盟している信用情報機関による違いがあり、審査に通りやすい系統と審査に厳しい系統があります

「銀行系」は最も審査が厳しいカード

銀行系のクレジットカードは信頼性を重視する傾向が強く、申し込み時の審査は最も厳しいと言われています。
銀行系はMUGFカード(三菱UFJフィナンシャルグループ)、三井住友VISAカード、UCカード(みずほ銀行)などがあります。
JCBカードは特定の銀行グループ属してはませんが、日本の銀行団体が日本発のクレジットカード会社として発足させた国際ブランドカードであり、こちらも銀行系カードです。

パートや派遣社員などの非正規雇用者では難しいとも言われますが、雇用期間が安定していることが確認され、母体である銀行に預金口座を開設していれば審査に通る可能性は上がります。
審査期間は他系に比べるとやや長いため、カードの申し込みは早めにしておくと良いでしょう。

「信販系」は銀行系に次ぐ厳しさ

信販系カードとは、ライフカード、オリコカード、JACCSカード、セディナカードなどの信販会社が発行母体となるクレジットカードです。
もとが信販会社ですから、この系統のカードも確実に支払いができる顧客を選ぶ傾向が強く、審査基準は銀行系に次いで厳しくなっています。

「流通系」は主婦や学生が作りやすいカード

流通系カードとは百貨店、量販店などの小売業者が発行元となるクレジットカードで、代表的なカードにはイオンカード、東急カード、OMCカードなどがあります。
その百貨店や量販店のポイントカードとしての機能もあり、各社で設定する優待割引などの特典が多いことも特徴です。
審査は銀行系や信販系ほど厳しくなく、優良なクレジット履歴さえあれば、他の条件よりも優遇されるため、パート、アルバイトの方でも作りやすいクレジットカードです。

「メーカー系」の審査は比較的ゆるい

クレジットカードを扱う企業は非常に多く、銀行、信販、流通業者以外が発行する以外にも、石油系、交通系、航空系、自動車メーカー系、家電メーカー系といった業者がカードを発行しており、これらはまとめて「メーカー系」と呼ばれています。
自社の会員カードとしての側面もあり、各社のポイントが貯まったり、割引特典があったり、交通系ではプリペイド機能や定期券機能を持たせていたりと、さまざまなサービスが展開されています。
審査は比較的ゆるく、主婦や学生、フリーターの方などにも広く利用されているカードです。

今は「外資系」が作りやすい

代表的なステータスカードとして有名なアメリカンエキスプレスカードやアメリカ銀行系のシティカード、ダイナースカードも、一昔前では審査が厳しいといわれていましたが、今は非常に作りやすい時代になっています。特に自由業・自営業の方は外資系カードがおすすめです。詳しくは>>外資系カードの審査をご参照ください

クレジットカード審査について

クレジットカード審査について

審査に備える

クレジットカード

クレジットカードランク

バイト探し