今すぐ、どうしてもクレジットカードが必要な方はアコムマスターカード!詳細はこちら

審査に影響する条件は何があるか

クレジットカードの審査では、「3C」に関わる項目が「スコアリングシステム」によって評価されます。
「3C」とはCapacity(資力)Character(性格)Capital(資産)での3つのCのことですが、具体的にはどんな条件が審査を左右するのでしょうか。

重視される項目とは

クレジットカードの審査に通るには、まず安定したCapacity(資力)があり、確実に返済をするCharacter(性格)であることが求められます。その上で、Capital(資産)が十分にあれば優良顧客として期待され、問題なくカードが発行されます。

スコアリングによってチェックされる項目によってこれらの「3C」を見るのですが、中でも重視される項目は、安定したCapacity(資力)です。
つまり、一定の収入が継続してあることが高い評価につながります。

といっても、正規雇用の会社員でなければだめということはなく、パートやアルバイト、派遣社員などでも、1年以上継続して勤務しているなら問題ありません。
自営業の場合は2〜3年以上の期間、安定した実績をあげられていれば審査に通る可能性は大きくなります。

経歴「ブラック」はカード発行が見送りに

クレジットカードの入会申込書に記載する内容で重要なのは、「年収」と「勤続年数」で、これらはCapacity(資力)の項目です。年収は300万円あれば一般カードには十分で、最低ラインは200万円と言われています。
Character(性格)は、実際のクレジットやローンの利用実績がチェックされます。自己破産などにより「ブラック」に分類される経歴が残っていると、どんなカードでも発行は見送りとなってしまいます。
ここまではどんなカードでも第1に重要視される条件です。

これらに加えて、さらにCapacity(資力)が高スコアであれば、カードの発行はよりスムーズになります。Capacity(資力)は、住居形態がチェック項目です。
たとえば住宅が自分名義のもので、残っているローンもないとなると、資力のスコアはグンと高くなります。

「属性」の高さが信用の高さ

上記に例を挙げた審査される項目全体や、その一部分を指して「属性」と呼ぶことがあります。
スコアリング結果やクレジットヒストリーで審査に通りやすい人は「属性」が高い、通りにくい人は「属性」が低いと言われます。
つまり「属性」は、クレジットカード会社がカード発行前に確認した「信用」そのものと同じ意味とも言えるのです。

客観的に自分の属性が高いと判断できれば、ゴールドカードやダイナースなどのグレードの高いカードに申し込んでも失敗は少ないでしょう。
しかし、最終的な判断はカード会社が決定します。審査基準は公開されていないため、たとえ自分では自信があったとしても、カード発行が認められない場合がないとは言い切れません。
逆に、ダメ元で申し込んだカードが問題なく発行されるケースもよくあります。

クレジットカード審査について

クレジットカード審査について

審査に備える

クレジットカード

クレジットカードランク

バイト探し