今すぐ、どうしてもクレジットカードが必要な方はアコムマスターカード!詳細はこちら

ステータスの高いカードは審査も厳しい

ゴールドカードやプラチナカードなど、社会的にもステータスが高いとされるカードは与信審査の基準も高く、なかなか持つことが難しいカードと言われていますが、一般のカードの中にも、比較的審査基準が厳しいカードがあります。

銀行系、信販系は比較的厳しい

一般カードで審査が厳しいと言われているカードには、三井住友VISAカード、三菱UFJニコスカード、ダイナースカードなどがあり、安定した収入が一定の年数以上、継続してあることが条件になっています。
つまり、就職していて十分な収入があっても、勤続年数が少なければ、審査に通らないことがあるのです。
こうした銀行系のカードは、ほかのものと比べて審査が厳しいようです。

銀行系以外では、信販系、メーカー系、流通系、消費者金融系があり、最近では交通機関が鉄道系列の百貨店や駅ビルなどと提携している交通系、出光興産とセゾンクレジットが出資している出光クレジット)といった石油系のカードも発行されています。
この中では、信販系が審査に厳しいと言われています。

自由業・自営業に優しい外資系カード

銀行系のカードには、JCB、三井住友、三菱UFJニコス、UCなどの国内系のカードと、アメリカン・エキスプレス、シティカードジャパンなどの外資系のカードがあります。
同じ銀行系でも国内系のカードのほうが審査に厳しい面があり、例えば三井住友カードで審査に落ちたのに、アメリカン・エキスプレスはカード発行できたという例があります。

日本のカード会社が勤続年数や安定収入を重視するのに対して、アメリカン・エキスプレスなどでは確実な会費の納入やクレジット決済額の大きさを重く見る傾向があり、自宅所有など、資産の有無や住所が定まっていることも高評価のポイントになるようです。
自由業や自営業の人の場合は、外資系のカードのほうが持ちやすい傾向にあります。

ステータスの高いカードはサービスも充実

審査の厳しさとカードのステータスは比例しています。
なかなか持つことのできないカードだからこそのステータスというわけですね。
ゴールドカードやプラチナカード、その上のブラックカードを持っていると、資産や経済状態の信用が高いことが一目でわかるので、社会的な信用もアップするというメリットがあり、役付きのビジネスマンなど、信用を重視する人々にとっては有利なアイテムです。

こうしたステータスの高いカードは、付帯サービスも充実しています。
利用限度額や旅行保険などの保障額が一般カードと比べて格段に高額の上、空港ラウンジが無料で利用できたり、航空便の遅延や預けていた荷物の遅延にも保険がついていたりと、国内外の移動が多い人には便利なサービスがついているため、このサービスを比較してカードを選ぶ人も多いようです。

クレジットカード審査について

クレジットカード審査について

審査に備える

クレジットカード

クレジットカードランク

バイト探し