今すぐ、どうしてもクレジットカードが必要な方はアコムマスターカード!詳細はこちら

信用をマイナスにする行動

引き落とし日に預金残額が足りていないと、手数料追加されて再度の引き落としをする連絡が来ます。
再引き落としのときに問題なく払い込みができれば良いのですが、このときにも預金額が足りないなどで予定の金額の支払いができないと、信用情報に傷がつくことになります

クレジットカードでは、毎月の返済を30日以上遅滞させると、個人信用情報機関にマイナス項目としてその情報が登録され、他のクレジットカード会社にもそのマイナス情報が共有されます。
しかも信用情報は一定期間保存されます。信用が低いと、クレジットカードの利用限度額やキャッシングの利用枠を低く設定されることがあり、また、新規のカード加入を断られることもあります。

信用を失墜させる「事故情報」は共有される

信用情報のうち、返済遅滞などの情報は事故情報(ブラック情報)と言われ、マイナス要因とならない他の情報とは別に管理されます。
1枚のクレジットカードで事故を起こしただけでも、その情報は信用情報機関によって他のカード会社でも共有されるため、自分の情報はできるだけクリーンに保ち、マイナスの情報が載らないように普段から心掛けておくことが大切です。

事故情報(ブラック情報)とは
・30日以上の返済遅滞
・自己破産を行う

ブラック以外の不利情報

ブラック情報とまではいかなくとも、クレジットカード会社に対して自分の信用度を下げることもあります。

過剰貸付がある・・・
ショッピングだけでなく、キャッシングやカードローンなどで金融業者から返済能力以上(年収の3分の1以上)に貸付を受けている

多重債務がある・・・
クレジットカード以外の金融業者を含め、複数の返済先を抱えている

カード申し込みの際に虚偽の情報を申告する・・・
明らかに信用情報と違う申告をする

このほか、転職や、事故・病気などの事情で収入が低下すると、返済能力が低下することになります。
ブラック情報はカードの利用にダイレクトに影響しますが、上記のようなマイナスの要因をどのように判断するかは、各カード会社によります。

ブラック登録される自己破産は最後の手段に

さまざまな事情でクレジットカードやキャッシングの返済ができなくなり、任意整理自己破産をしなければならないケースも中にはあります。
任意整理とは、専門家に依頼して利息の再計算などを行い、返済額や月々の負担の軽減をするもので、これが即ブラック情報となることはありません。
自己破産は裁判所に申し立てをして認められれば、返済を免責される方法ですが、免責は必要最低限の財産を残して処分し、それを返済にあてた後でなければ認められません。
そして自己破産を行った情報はブラック情報として長期間残ることになり、その間はクレジットカードを作ることも他の金融業者を利用することもできなくなります。

クレジットカード審査について

クレジットカード審査について

審査に備える

クレジットカード

クレジットカードランク

バイト探し