今すぐ、どうしてもクレジットカードが必要な方はアコムマスターカード!詳細はこちら

与信審査はなぜ必要か

クレジットカードの与信審査では、それぞれのカード会社が定めた基準をクリアしていなければ、カードを持つことができません。また、カード系統ごとに審査の厳しさに違いがあるといわれています。
詳しくは、>>カード系統で違う審査基準をご参照下さい
クレジットカードには買い物をした代金を後払いできるショッピング機能と、カード会社が定めた限度額までであれば現金を借り入れすることができるキャッシング・ローン機能があるので、カード会社の設定している基準よりも返済能力が低いと判断されると、カード自体の発行ができないからです。

カードを持てたとしても、ショッピングやキャッシングで利用できる金額が、希望していたよりも低い金額で設定されることもあります。
カード会社としても、不払いや貸し倒れが起こると困ることになるので、支払い能力を超える貸し付けを防ぐために与信審査をするわけですね。

年収、資産、勤続年数が審査のポイント

与信審査では、年収や勤め先、勤続年数、住宅は持ち家か賃貸か、などの情報がスコアリンクシステムによってコンピューターで自動計算され客観的に確認され判断されます。
勤め先や勤続年数は、収入が安定しているかどうかを見るための重要なポイントになります。
詳しくは>>審査に影響する条件をご参照下さい
また貯蓄額が高かったり、自宅が持ち家だったりすると、それがいざというときの担保になりますから、審査ではプラスになります。
住宅が賃貸でも居住年数が長ければそれも信用として加算されます。

一般的に、申し込みをした本人か配偶者のどちらかに安定した収入があれば、カード発行自体に問題はないと言われているのですが、過去のクレジット利用履歴や、現在のキャッシング額なども審査対象になります。
また、既に持っているほかのクレジットカードなどでキャッシングをしていると、「総量規制」が問題になることもあります。
キャッシングなどの個人の借入総額が年収の3分の1以上になってはいけないという法律上の規制があり、これを「総量規制」と言うのですが、その総量規制をオーバーしてしまいそうな場合には、審査が通らないことがあるのです。

本人確認もカード発行の必須条件

また本人確認ができることもカード発行には必須の条件です。
勤務先の連絡先や、連絡可能な電話番号なども審査には必要な情報ですが、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類の提示も必須条件になっています。
クレジットカード業者には、カード発行時に本人確認をする義務が法律で課せられているからです。
申込書に記載した勤務先には電話で本人確認の連絡が入るのですが、代表電話よりも、自分が直接出ることのでき電話番号があれば、そちらを記載しておくほうが確実ですね。

クレジットカード審査について

クレジットカード審査について

審査に備える

クレジットカード

クレジットカードランク

バイト探し