今すぐ、どうしてもクレジットカードが必要な方はアコムマスターカード!詳細はこちら

「信用」を上げる方法

信用」自体をアップできれば、クレジットカード審査も怖くありません。
収入や資産をいきなりアップさせるのは無理でも、自分の「信用」を上げていく工夫をすることは可能です。

カード会社は優良顧客を欲しがっている

そもそもクレジットカードに審査がなければ誰でもカードを持てるのですが、カード会社は一定の「信用」があると確認した相手でなければカード発行を認めてくれません。
クレジットカード会社が入会審査を行っているのは、信用できる顧客を増やしたいと考えているからです。

信用のある顧客とは、一定の経済力があってカードをよく利用する(カード利用があればカード会社に利益が入ります)のはもちろんですが、利用分の回収に手間がかかったり、過去に自己破産をした形跡のある人間を顧客にしたいとは思っていません。
支払いの督促には経費も人件費もかかるため収益に結びつかず、自己破産をするタイプの人は金銭にルーズな傾向が強いため、回収困難の可能性が高まるからです。

支払いは毎回遅滞なく済ませる

ここでポイントになるのが「3C」の「Character(性格)」です。
金銭に対する性格はクレジットヒストリーで確認されます。
クレジットヒストリーの信用度をアップさせるのはごく単純な対策で可能です。つまりローンや他カードの支払い期日を守ればいいのです。
利用した分を遅滞なく支払うことを繰り返していれば、それだけで「信用」が上がって行きます

長期間にわたってきちんとした支払いを続けるには、金銭に対する真面目さと、もう1つ、過度な利用をしない自制心と計画性が必要です。
クレジットヒストリーがきれいな人は、真面目で、欲求を自制することのできる人間だと評価されるのです。

職場にはできるだけ長期間勤める

カード会社は安定した収入のある顧客が増えることを喜びます。
たとえば自営業者がクレジットカード審査で不利になるのは、収入が一定せず、悪化した場合の回収が不安視されるからです。特に不況が長く続いている昨今では、急な業績悪化の可能性がないとは言えません。

サラリーをもらっている会社員は、安定性という点で審査上、自営業者よりも有利になっています。
勤め先である企業の安定性が、間接的に従業員である個人の信用を後ろから支えてくれているからです。
信用をさらにアップさせるには、その企業にできるだけ長く勤め続けることです。最低ラインは1年と言われていますが、3年、5年と勤め続けることで、安定収入の信頼性が増していきます。
逆に転職を繰り返すと、収入の「安定性」に疑問を持たれてしまい、信用の上で不利になります。

クレジットカード審査について

クレジットカード審査について

審査に備える

クレジットカード

クレジットカードランク

バイト探し