今すぐ、どうしてもクレジットカードが必要な方はアコムマスターカード!詳細はこちら

もしもクレジットカードの審査に通らなかったら

クレジットカードを申請して、与信審査にすんなり通ってカードが発行される人もいれば、審査に通ることができず、カードを作れないという結果になる人もいます。 与信審査に通らなかった人でも、別の会社のクレジットカードに申し込めば、カードが作れる場合が多いのですが、どうしてこんな違いが出てくるのでしょうか。

自分の状況に合ったカードを選ぼう

就職したばかりでそれまで一度もクレジットカードを持ったことがないのに、いきなりゴールドカードやプラチナカードを申請するのは無理があります。
ゴールドカードなどのステータスの高いカードでは、審査基準に勤続年数を挙げているところもあり、就職してまだ1、2年だったり、起業して数年しか経っていないような場合、審査に通らないことがほとんどです。

また、クレジットカードはそれまでの利用履歴も信用に加算されます。
支払いに遅れたりするとマイナスの評価になってしまいますが、問題なく利用していれば、プラスの評価になります。
クレジットカードを使った経験がまったくない人は、その分の信用がゼロということになり、ステータスの高いカードの審査では不利になってしまうのです。
勤続年数が短かったり、クレジットカードを初めて持つという人は、最初から高望みせず、審査が甘いと言われるタイプのカードを持って、クレジット履歴で信用を積み重ねていくといいですね。

自分の信用情報は確認できる

債務が大きかったり、他のカードで支払い遅滞を繰り返したり、債務整理の経歴があってブラックリストに載ってしまったような場合には、クレジットカードを作るのは難しくなります。
その場合には、ブラックリストへの掲載が消えるまでの間、カードを作るのは控えておいたほうがいいでしょう。
掲載期間は信用情報機関によって異なりますが、支払い延滞は1年〜5年、自己破産などでは5年〜10年の間、登録されます。

自分の信用情報がどうなっているか知りたい場合は、JICCKSCCICといった信用情報機関に情報を開示してもらうことができます。
電話や書類の郵送などで開示申し込みをして、本人であるという確認が取れれば、信用情報機関から、クレジットやローンなどの利用金額や残高、支払い遅延、法的手続きの有無などの情報が開示されます。
もしも身に覚えのない情報があったときには、調査確認を依頼して、情報を修正することもできます

審査を左右するケアレスミス

このほか、申込書の記載が粗雑だったり、記載内容が間違っていたりすると、支払い態度もいい加減になると判断されて、不利になることがあるようです。
もし本人確認をする電話番号が間違ってしまったら、その時点でカードの発行はできなくなってしまいます。
本人確認はカード発行の必須事項ですから、間違いのないようにしましょう。
また、学生向けのクレジットカードに申し込むときには、カード会社から保護者へ、同意確認の連絡が入ります。
カードを作る時には保護者の同意を得ておくと、審査に通る確率が高くなります。

クレジットカード審査について

クレジットカード審査について

審査に備える

クレジットカード

クレジットカードランク

バイト探し