今すぐ、どうしてもクレジットカードが必要な方はアコムマスターカード!詳細はこちら

審査に有利になる申込方法

クレジットヒストリーや勤務期間を長くすることで信用を上げ、審査を有利にすることはできますが、それには時間がかかります。
しかし、今すぐにできることで審査を有利にする方法もあります。それは申込書の書き方です。

ウソは書かない・損もしない

クレジットカードの申込書には、必ず年収を記入する欄があります。この年収の金額は、どんなカードでも審査の基準になる、非常に重要な情報です。
年収は多ければ多いほど審査上は有利ですが、ウソの金額を書くのはおすすめできません

しかし中には、申込時に申請する年収額が税抜きの金額だったために、損をしている人もいます。
カードの申込書を記入するときに、毎月の手取り額からだいたいこれぐらい、と計算してしまう人がこのパターンです。
申込書には、年収は税込の額で記載しましょう。わざわざ金額の少ない税抜き金額で申請する必要はありません。

この年収額をベースにしてカードの利用限度額も決定されます。限度額や審査自体を有利にするために、年収は手取りではなく、税込みの「総額」で記載しましょう。
申告額は細かい単位まで正確に書く必要はありません。10万〜100万単位で合っていればOKです。

ミスを防いで丁寧に

クレジットカードの審査では、職場にカード会社から在籍確認が来ることがあります。
これは申込書の記載に間違いがないか確認する意味もあります。電話番号や職場、自宅の住所など、間違いがないように記載することが必要です。

ネットでなく書類で申し込むときには、できるだけ丁寧に書いたほうが、カード会社からの信頼が増すという意見もあります。
読みやすい文字を心掛けて丁寧に書くことが、カード会社側の読み取り間違いを防ぐことにもなり、結果的には審査にも良い影響を及ぼします。

カードが必要な1カ月前には申し込む

近頃ではネット申込も普及し、申込から即日審査が可能なクレジットカードも多いのですが、必ずしも
クレジットカードを使う予定があって申し込む場合は、少なくともその予定の1カ月前には申込するようにしましょう。

その場合は、審査のハードルが高いカードは避けてください。
万一、発行見送りになった後に他のカードを申し込むと、それだけで後から申し込んだカードの審査が不利になる可能性があります。
クレジットカード業界ではカード申込の事実も信用情報の1つとして共有され、短期間のうちに複数の申し込みをすると現金化を疑われてしまい、不利になります。

同じ理由から、同時に複数のクレジットカードの申し込みをするのも控えたほうが賢明です。

クレジットカード審査について

クレジットカード審査について

審査に備える

クレジットカード

クレジットカードランク

バイト探し